顔のしわの対策

ほうれい線や目の周り

顔のしわは、まだ若い年齢だという印象がある20歳代から表れ始めます。この時期は、加齢のためにできたしわというよりは、乾燥によるしわである可能性が高く、乾燥や紫外線を浴びたために肌のハリのもとになるコラーゲン繊維やエラスチン繊維にダメージを受けるとしわになっていきます。

まずは、目元のしわが気になり始める方が多いです。早い時期に対策を開始できたなら、美容液のようなもので対策が十分に取れます。塗り続けることで、徐々に目元のしわは、薄くなる可能性もあります。

その後、多くの方が30代半ばから、ほうれい線を気にする方が増えてきます。ほうれい線とは、鼻の両サイドから口元に伸びる2本の線の事です。ほうれい線が目立つ原因としては、顔の表情筋の衰えということもあります。

40代以降は、額のしわが気になり始める方も増えてきます。段々とシワに悩まされることが多くなってきますが、顔の表情の筋肉を鍛えると顔にハリが出て若々しい表情を保つことができます。また、エイジングクリームを塗ることも有効です。化粧品メーカーなどから、ほうれい線対策用のクリームが何点も出ているので、気になるものを試しに塗ってみてもいいですね。もしも鏡でしわを見つけたら、できる限り早めに対策を取ることをお薦めします。